読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南会津町たのせ集落

福島県南会津郡南会津町たのせと芝浦工業大学志村研究室との合同ブログ

南会津町合併10周年

 たのせふるさとづくり会の星廣政です。

 平成18年3月20日、田島町・舘岩村伊南村南郷村が合併し、「南会津町」が誕生してから平成27年度に合併10周年を迎えます。

 このほど、合併10周年記念事業実行委員会が設置され、私も地域協議会の立場で出席しました。

     『会議の様子が本日の福島民報新聞に掲載されました。』

f:id:tanose:20150125174534j:plain

          『待ち望まれる新設中山トンネルの開通』

 合併時、生活路線にかかせない中山トンネルの新設は、福島県への最重点要望にあげられていました。

 現在、市町村合併支援道路整備事業として、一般国道352号中山峠の整備が進んでおり、中山トンネルは新たなトンネルの新設による上下分離型にて平成27年度に開通すると聞いております。

f:id:tanose:20150112141711j:plain

                  (左側 新設トンネル・右側既設トンネル)

            『銀流橋も新設されました』

 銀竜橋も供用開始から40年以上経過・老朽化し、幅員も狭いため下流側に新設され開通が待たれます。

 

f:id:tanose:20150112141141j:plain

                         (左側が新設された銀竜橋)

f:id:tanose:20150125120243j:plain

                                (本日1月25日午前11:30頃 銀竜橋の様子)

          『融雪道路はすでに供用開始されてます』

 中山トンネルから銀竜橋にかけての融雪道路は取り付け道路を除き、すでに供用開始されており、安心して峠越えができるようになり本当に助かります。

f:id:tanose:20150125121030j:plain

         『金流橋も昨年の秋から工事が始まりました』

 金流橋も下流側に新設されるとのことで工事が着工されています。

f:id:tanose:20150112140708j:plain

 市町村合併支援道路とし、当時事業費が約46億円と聞いておりました。

 合併から10年を迎えるに当たり、改めて「新設中山トンネルの開通」が新たな地域発展の起爆剤となることと期待しています。